せどりの日々を綴るブログ

せどりをやってると必ず訪れてくるのが、「なかなか売れない…」というジレンマ。

これは売れてるせどらーでも初心者のせどらーでも誰でもあることです。これはしょうがありません。この売れないせどりの原因はどこにあるのか、ここについて考えていきましょう。

せどりの売れない原因

せどりで売れない原因は主に価格にあるでしょう。価格がすべてのAmazonならなおさらです。

しかし、価格を下げて済むならそれでいいですが、せどりをやる上でなら利益を考えていかなくちゃいけません。その仕入れ、ちゃんと考えて行っていますか??

仕入れに問題がある可能性がある

せどりは仕入れに全てがかかっています。というより、ある程度、せどりは仕入れの段階で売れる時期や利益を予想できる副業なのです。だから人気でもあるのですが、この予想できる優秀なツールをみなさんちゃんと使ってるでしょうか??

IMG_7032
仕入れについてはまた今度詳しく話したいと思いますが、ちゃんとモノレート使ってますか??モノレートとはAmazonの特定の商品の過去の売れたデータなどを教えてくれるツールのことをいいます。

このモノレートをしっかり使えば、『いくらでどれくらいの時期に売れるか』までだいたい把握することが可能です。いわゆる回転数ってやつですね。どれだけ利益がでる商品でも実際に売れなければ利益になることはありません。目先の利益ではなく売れるというところまでしっかり考えながら仕入れをすることが重要です。

価格改定をしてみる

せどりで仕入れの他にもう一つ重要なのが価格改定になります。Amazonでは基本的によほどの状態がひどいものでない限り、最安値のものが購入されていきます。

なので、ライバル出品者の価格改定にしっかりついていくことが大事です。セラーセントラルをしっかり確認していないと自分だけ価格の面で置いてけぼりになってしまいます。なので早く売るためにはこの価格改定が重要になってくるわけです。

ただ、やりすぎは自分の利益を減らすだけなので、同価格や二番安に留めておくのが吉です。

それでもせどりで売れない場合

仕入れや価格改定をしっかり行っても売れないときがあります。

このまま待つという手もありますが、仕入れにはお金がかかるので次のせどり仕入れにつながらない事態が発生してしまいます。

そこで、出品先を広げてみることを提案します。せどりの出品先は基本的に世界最大のマーケットAmazonを利用していますが、それ以外にも販路を拡大することがいまのせどりです。ヤフオクやメルカリ、ラクマなどガンガン出品していきましょう。特にフリマアプリは現代せどりではアツイマーケットになっています。ぜひ活用しましょう。

商品が1つでも出品先を複数もつことでそれだけで売れる確率が増えます。どこかで売れれば、他の出品を停止すればいいだけなのでそんなにリスクもありません。

ただ、複数に出品する際にはそれぞれの出品先の手数料などをしっかり確認し、自分の利益計算をしっかり行った上で出品価格を決めましょう。これ大事です。

せどりをする上で役に立つのがせどりツールやせどりアプリです。
せどりというものは仕入れをやればやるだけ儲かるようになっています。もちろん、売れる商品じゃなくちゃダメですが…

で、せどりツールなどはその作業効率を上げてくれるためのせどり自動化ツールということになるわけです。

せどりツールとせどりアプリの違い


そもそもせどりツールとせどりアプリの違いはどこにあるのでしょうか??

それは名前の通り、せどりツールは基本的にPCソフトとして、アプリはスマホで使われる違いがあります。そして、それぞれその用途別にせどりツールはネット仕入れ用に、アプリは実店舗仕入れ用に使われるわけなのです。

logistics-852936__180
せどりは仕入れに一番時間を使います。価格差があってなおかつ売れる商品を探しだすのはそんな簡単なことではありません。情報量の少ない素人せどらーは確実にツールを使った方が効率がいいと思います。
せどりルーツの仕入れ機能にはAmazonと仕入れ先のとの価格差などを入れるだけでどんどん価格差のある商品を割り出してくれるのでオススメです。

アプリの場合は実店舗での商品バーコードから一発でAmazonでの販売情報を教えてくれます。いまはネットでも実店舗でも仕入れをする人が多いですから、どちらも持っておくといいですね。

情報商材には手をだすな


せどりツールと同じようにネットには有名?せどらーたちのメルマガや情報商材の販促が行われています。これらは無料ならいいですが有料である場合、買わない方がいいです。
というより、情報商材を購入するのであればそのお金でツールを購入したほうがいいと思います。
なぜあら情報商材はすぐに旬が過ぎるから。「いまはこの商品が売れる!!」とか一時の誘惑にすがっても結局、同じ考えの人間がほかにもいるので売れるものも売れなかったり、売れても利益が全然でなかったりします。
それにそもそも現役のせどらーであれば自分のノウハウや販路をわざわざ他人に教えたりしません。

情報商材はただその通りにやっても利益は出ませんし、そこからなにか新しいことを考えられる人にしかおすすめできません。ノウハウが知りたいのであればAmazonで販売されているせどり系の教科書、指南書を購入したほうが勉強になると思います。

せどりツールは買い切り型がおすすめ


また、せどりツールはとても便利ですが、そのほとんどが月額制になります。月額制だとせどりで利益を数千円しか出せない初心者せどらーにはかなりキツいと思います。
せっかくせどりツールを購入して使っても毎月マイナスになってしまったら元も子もありません。

ですので、せどりツールは買い切り型を選びましょう。有名なせどりツールの中でも買い切り型のものもあります。

まとめ


今日はせどりツールについて話させていただきました。
でも大事なのはせどりツールがあっても必ず稼げるというわけではないことです。

ツールを使うのは人間ですから、結局は我々が仕入れから値段設定などを考える必要があります。それでもせどりツールがあったほうが確実に時間効率化が図れるでしょう。

せどり日記、作ったはいいけど一体何を書けばいいのかわからなくなってきました(笑)

とりあえず最近見た映画の話ででも。
オール・ユー・ニード・イズ・キルっていう、ループもの映画なんです。
この映画、なんと日本のラノベが原作!!

これはこのアイテム、売れるんじゃないか…!?
なんて思いましたが、結構古い本なんで仕入れられるかどうかは運かなぁというところ。

せどり日記を意識するとなかなか美味いことが書けないな。
あ、そうだ、ツールの話です。

ツールを比較するサイトがあるんですが、そこで色々チェックしてみてます。
自分が知らないツールがあったり、知ってたけど他の機能の説明とか使いやすさとか解説してたりで
「おぉー!?」ってなります。
価格は勿論だけど、どんな機能が他にあるのか?
他のツールとくらべて、どんな特徴があるのか?
というのを見ていると、またせどりへのやる気が湧いてきますね(*´∀`)

比較サイトはかなり見やすくて、要点をよくまとめてあります。
自分以外にも悩んでる人がいたら、見てみて欲しいかも?
あ、でもみんなに知られてしまうのはちょっと惜しい(笑)

それでは今日もせどりに行ってきます!!